デリバリーヘルスについて

デリバリーヘルス

概要

デリバリーヘルスとはヘルス(風俗店)の出張版。出張ヘルスあるいは、略してデリヘルとも呼ばれる。 店舗を持たないで客の自宅やホテルなどに女性を派遣して性的サービスを行う業態で、内容はヘルスとほとんど変わらない。 1990年代後半より首都圏を中心に急速に増加しており、1999年に改正風適法が施行されて以降、首都圏以外の地方でも増加しつつある。

自宅に派遣してもらう場合、一般の店舗型風俗のように待ち時間を気にする必要はなく、恋人が自宅に来たかのような自然な感覚を楽しめる ことが特徴である。一方、自宅を知られたくない場合や、出張等の外泊時には、シティーホテルやビジネスホテル、またはラブホテルなども 利用される(ラブホテルは派遣対象外としている店舗もある)。自宅やホテルまでの距離や区域によって交通費を請求されるので、 都市部のホテルが良く利用される。

デリバリーされた女性従業員が好みではない場合には「チェンジ」と呼ばれる交代制度によって別の女性に変更が可能であることが多い。

事件防止のため自宅へは派遣しない店もあり、ホテルへの派遣を専門とするデリヘルもある。

また街中に受付所を設け、写真等で女性を選び、周辺にあるホテルを利用するサービス形態もあるが、 これは「ホテルヘルス(ホテヘル)」と呼ばれることが多い。

「デリバリーヘルス」という名称は、1998年公布の改正風適法で当該業種が届出対象にされた際に、 風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案した。 同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社である株式会社シーズホールディングコーポレーションが 商標出願登録している。

特徴

デリバリーヘルスでは女性従業員の顔写真を男性客が直に見ることはできない。風俗雑誌や駅売りのスポーツ新聞、一部の夕刊紙、 店舗の公式ホームページなどで公開されている場合も目線やモザイクなどで顔が隠されているケースが多い。

営業時間が店舗型とは異なり、24時または25時を過ぎての営業も認められているため、出勤時間のやりくりがし易いことから会社員や 大学生が夜にアルバイト感覚で出勤していることがある。

女性従業員の中にはホテルでの仕事のため、一般のヘルスのような簡易な間仕切の室内よりも仕事がやりやすく、店舗への出勤では ないので知り合いに会うリスクも低いという者もいる。

韓国人女性の派遣は特に韓国出張などと呼ばれ首都圏や関西圏など大都市圏に多い。

大都市中心に高齢者や身体障害者を専門とする店舗もあり、その一部の店舗では客の要望によって女性従業員を全国に 派遣することもある。また一般店の中にも高齢者・身体障害者への対応を表記するところもある。

通常デリヘル嬢は男性従業員が車で連れて来るが、女性自身が運転してくることもある。

一部の店舗では駅前などで男性客と女性従業員が待ち合わせて、ホテルに行くこともある。

顧客男性の所有車に出張して、顧客の自動車内でのサービスを提供していることもある)。

デリバリーヘルスの有名な街

デリバリーヘルスで知られる街には、特に浜松市が有名である。 浜松市は、デリバリーヘルス専門店が数十軒あり、 個人で取り扱う店数を含めると数百軒に上るとされる。 浜松のデリバリーヘルスは、出稼ぎ労働者や出張してきた会社員等から、 口コミで全国に知られる様になった。 健全な経営をしている店舗が多いものの、脱法店舗も多数存在するのが特徴で、 客と店側とのトラブルも多い。

関連ページ