ホテルヘルスについて

ホテルヘルス

概要

ホテルヘルスが誕生した経過は、日本の関西地区にある大阪府で展開していたファッションヘルスへの法規制強化・ 違法営業を行なっていた店舗型ファッションヘルス(以後店舗型ヘルス)は警察による一斉検挙・摘発、取締りを受けて壊滅状態になった。 それまで店舗型ヘルスを運営していた業者が、法規制を受けないために新たな別の業態としてヘルスサービスを行なう従業員を直接ホテルに 派遣するサービス業として誕生。現在もホテルヘルスの主力は関西地区か主力地域と云われる由縁である。

一般的なホテルヘルス

  • 利用客が繁華街にある無料案内所(性風俗店舗紹介所)で店舗を決める。
  • 店舗にて好みの女性を決め指定の料金を支払う。一般的にホテル代は別料金。
  • 指定されたホテルやレンタルルームに向かい、室料を支払う。
  • 部屋に入室したら店舗へ部屋番号を伝えて女性を待つ。
  • 女性が到着したらファッションヘルスサービスを女性従業員が時間内に実施する。
  • サービス終了後女性従業員と一緒にホテルを退出する。

ホテルヘルスのサービス内容はファッションヘルスを参照

法規制強化

法律の目を掻い潜りつつ店舗・営業地域が拡張し日本国内に店舗型ヘルスに変わる勢力まで拡大。新たな暴力団等の資金源になることを 危惧した警視庁は、風適法の規制強化を実施することになった。当初、ホテルヘルスはデリバリーヘルスと同様の無店舗型と扱われて 営業時間の規制が適用されなかったが、2006年5月に施行された改正風適法により、受付所、無料案内所を店舗とみなされ、店舗型と同様、 深夜24時までに営業が制限された。また、営業の届出が各都道府県の公安委員会に義務化されて、店舗型ヘルスと同様に出店禁止エリアも 定められた。これらの法規制強化によりホテルヘルス業者は一時的な打撃を受けたが、日中の営業時間帯に格安料金を設定して昼間の営業を 強化するなどなど対抗策を講じている。

関連ページ