ソープランドについて

ソープランド

概要

ソープランドは、湯船(浴室)のある部屋でコンパニオンと呼ばれる職業の女性(ソープランド嬢、ソープ嬢、泡姫)が、 男性客に対し性的なサービスを提供する風俗店で、日本に存在する。他の呼び方は、「個室付き浴場」、「特殊浴場」、ソープなど。

歴史

「風俗の王様」と称される。 ソープランドは、後述するように比較的新しい名称で、以前は「トルコ風呂」(しばしば略して「トルコ」) と呼ばれていた。古くは、1932年に発表された小説 『上海』 (横光利一) に、「トルコ風呂」についての記述がある。女性がマッサージを する蒸し風呂が当時の上海にあり、日本でも知られていた。もともと中東地域の伝統的な公衆浴場(ハマム)は 蒸し風呂(スチーム・サウナ)で、中では垢すりのサービスが行われていたので、これが20世紀初頭まで中東随一の大国であった トルコの名前で日本に紹介されたものとみられる。もっとも、中東では男性客には男性、女性客には女性の垢すり師がつくのが原則である。

日本で初めて「トルコ風呂」と呼ばれる個室浴場の店舗が誕生したのは、1951年4月1日、東京都東銀座に開店した東京温泉である。 経営者は現代史の怪人とも呼ばれる許斐氏利で、射撃の日本代表選手として海外渡航した際にスチーム・サウナに感動し日本初の 「トルコ風呂」を開業したという。これはサウナ施設がメインで、女性(ミストルコ)がマッサージサービスを行うものであった。

無論、女性は着衣であり、性的なサービスも厳禁とされていた。

個室であることから同業者の一部はしだいに性的なサービスを行うようになっていった。売春防止法の施行(1958年)により 赤線は廃止されたが、吉原ではさっそく「トルコ風呂」に転向する店もあった。こうした「トルコ風呂」では、手を使って男性器を マッサージし、快楽に導く「スペシャルサービス」(おスペ)が行われ、やがてひそかに「本番サービス」(性交)も行われるようになった。 1970年代前半から、ビニールマットを使用した「泡踊り」という特殊なサービスが開発されて人気になり、男性向け雑誌など一部の メディアでも取上げられるようになった。

「トルコ風呂」が性風俗店の名称として大衆化されるとともに、主に日本に在住・滞在するトルコ共和国出身者の間で、 日本の性風俗店に自国の名称が使われていることに対する反発がつのっていたが、1984年、日本(東京大学)で地震学を学んでいた トルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリが当時の厚生省に名称変更を訴え出たことが発端となり、この問題は広く公になった。 そこで、「東京都特殊浴場協会」が「トルコ風呂」に代わる名称を公募して、1984年12月19日、「ソープランド」と改称した。 なお、当時ヌスレット・サンジャクリがトルコ風呂の名称問題で相談していたのは小池百合子で、そのことを1985年4月11日毎日新聞夕刊で 認めている。北海道旭川市・帯広市などの一部地域では「コルト」と呼んでいる。

ランク別のサービスと料金

料金は店の格式によって多様で、サービス内容も異なる。一般に、高級店・大衆店(中級店)・格安店に分類されることが多い。 値段の違いは、接客時間、女性の質、店舗の雰囲気のほか、仕事的な感じを与えないかどうかの違いがある。

高級店

店内は高級クラブを思わせる造りと雰囲気で、ソープ嬢も美貌とスタイルを兼ね備えていることが多い。ベテランが多く在籍し、 アワ踊り、潜望鏡やその他個々のソープ嬢の持っている技術で、ソープランドの技を堪能させてくれるタイプの店や、ベテランと若い女性を 両方用意している店もある。店の方針によっては、言葉遣いなどの応対や、接客技術にも一定の水準が求められるため、若い女性だとなかなか 勤まらない場合も多く、必ずしも若い女性ばかりとは限らない。接客時間も120分以上と長い。料金は総額60,000円以上。ほとんどの高級店は、 待合室の入り口と待合室から個室へ向かうために出る場所は異なり他の客との鉢合わせを避けている。対面後、すぐに身体の接触が始まり、 入室後は時間をおかずに女性が男性の洋服を脱がせ、フェラチオを行う、いわゆる即尺・即ベッド(即即)サービスが売り物になっている ことが多い。店のスタイルまたはソープ嬢の接客スタイルとして、どの程度まで身体接触を行うかの差はあるが、個室に入室する前に 身体接触を行うこともある。地域によっては、コンドームを使わないことが高級店の暗黙の前提となっている場合も多いが、 一般的な条件とはなっていない。(サービスの例:即即で 1回、マットで1回、ベッドで1回)さらに、店やソープ嬢によっては、 即アナルなめを行うところもある。一通りサービスが終わった人は、待合室とは別の部屋、いわゆる上がり部屋に通されることになる。

大衆店(中級店)

接客時間は 90分前後であり、料金は総額30,000〜40,000円前後。ソープ嬢の質は中〜上程度。接客開始場所は個室の中で始まることが ほとんどである。中級店クラスだと即尺・即ベッド(即即)サービスは行っていないことが多く、このため、入室後に身体の接触が始まる 時間も高級店ほど早くないことが多い。コンドームの使用を義務付ける店が多く、本番は 2回可能なことが多い。 (先述の「ワンツーの店」は、かつては高級店の代名詞だったが、1990年代頃から高級店が増加したため、現在では大衆店の 代名詞となっている。)中には中級店であってもコンドームの使用をソープ嬢の自由にすることで、事実上、コンドームを使用しないで 接客できるソープ嬢が在籍しているのを一つの売りにしている店もある。

格安店

接客時間は45〜60分程度と短く、総額が 20,000円前後である。比較的安い分、ソープ嬢の容姿が劣っていたり、 年齢が高めだったりするが、店によっては、ファッションヘルス並みに高い回転率のために、稼ぎを重視した若くて美しい子が いる場合もある。

ソープ嬢

ソープランドで接客を行う女性を、ソープ嬢、コンパニオンや泡姫、姫という(かつてはトルコ嬢と呼んだ)。特に募集広告では、 例外なくコンパニオンと表記される。ソープ嬢は20歳以上に限るとしている地域がほとんどだが(北海道など一部地域で18歳以上)、 児童福祉法の規定により、ファッションヘルスなども含め、風俗店には18歳未満の者を雇用することはできない。 経験の少ない新人ソープ嬢は、店長あるいはベテランソープ嬢などに講習を受け、性的サービスや接客の技術などを教わる。 なお、ソープ店で「新人」と称している場合は、必ずしもソープで働くのが初めてという意味ではなく、他店でベテランであっても店を 替わった際には新人扱いとなる。また、接客の傾向はその地域によってもばらつきがあり、素人らしさが売りになる地域と、 技術的なことが売りになる地域とがある。指名の多さ=リピーターの多さはソープ嬢の実力を示すことになり、店での待遇もよくなる。

ソープ嬢が働く理由は、高収入(募集広告では「日給35,000円以上」と表記される)を得るためであり、中にはいわゆる 「バツイチ・子持ち」の者や借金を抱えている者・生活が苦しい者・事業資金を短期間に得たいと考えている者などもいる。 かつては、ソープに勤めるには重大な決意が必要で、その代わりいったん仕事に就いてからは、男性を喜ばせるプロとして強い意識を 持つ女性も見られたが、近年ではアルバイト感覚に近い女性も増えているという。肉体的・精神的に負担の多い仕事であるため 短期間でやめる女性も多いが、一度仕事に慣れると他の収入の低い仕事が馬鹿らしく感じられ、やめても再び仕事に戻り、 ソープランドから中々抜けられなくなるケースもあるといわれている。

勤務形態は、かつては二日連続で出勤して一日休むという「二勤一休」を取るソープ嬢もいたが、現在ではソープ嬢の私的な都合や 常連客の予約に合わせた様々な勤務体制を取っている。なお、休みは「公休日」と呼ばれている。

ソープ嬢は自分の割り当てられた個室の管理をある程度任されており、一般に店内でのリネン・ローション・ドリンク類・ コンドーム・タバコ等は本人負担である。なお、指名のノルマや遅刻・無断欠勤に対しては罰金を取るなど、厳しく管理している店もある。

関連ページ